アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 6月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

title気持ちが良い取引を行う

方角は

複数の会社に依頼するメリットとしては、高くマンション売却をすることはもちろんのこと、情報収集を行うことで、良い仲介会社や担当者を見つけることができるという点です。
こうしたやり取りの中で知識を身につけることができ、自分の希望条件に近いマンション売却を実現することができます。
また不動産売却においては、マンション売却の価格以外に、仲介手数料などの雑費がかかることも頭に入れておかなくてはいけません。
特にローン残額がある場合などは、マンション査定額にこれらの雑費や税金を考慮して、資金計画をたてる必要があります。

最後に不動産売却においては、価格交渉に応じる柔軟性をもつことも大切なことです。
かたくなに金額を下げないという態度では、いつまでたっても売却できません。
担当者と相談しながら妥協できるラインを決め、買主側と良好な関係を築くことができれば、気持ちよくマンション売却を行うことができます。

titleマンション売却のコツ

戸建

不動産売却を考えたときに注意すべき点がいくつかあります。
ここでは不動産売却の中でも、マンション売却に注目して述べていきます。

まず売却したいマンションの相場価格を知ることから始まります。
ここで利用したいものが、WEB上で簡単に一括査定ができる、マンション査定サービスです。
もちろん不動産会社に連絡してしっかりとマンション査定を受ければ、明確な価格を知ることができます。
しかし第一段階ではどの不動産会社に依頼するかは流動的なので、まずこれらのサービスを利用することで大体の価格を知ることが重要です。
マンション査定により相場を把握したあとは、実際に複数の不動産会社に査定をしてもらいます。

title売出価格を決める

査定

不動産売却を行う際は不動産会社にマンション査定などをお願いしますが、結果がでたら、そのマンション査定額を元に、マンション売却金額を決めていくことになり、まずは3つの値段を割り出します。
1つ目は、売ることができるであろう価格で、ここまで下げてしまえば、確実に不動産売却おこなえるであろうという価格です。
ローン残高がある場合はローン残高に、不動産売却にかかる仲介手数料などの費用を加えて計算します。
例えばローン残高が1500万円で、マンション売却にかかる費用が100万円だとしたら、1600万円以上で売らなければ持ち出しになります。
これが、マンション売却金額の最低ラインの目安になります。

2つ目は売れる価格で、不動産会社がだしてきた、マンション査定額になります。
実際に、買主と成約できるであろう不動産売却額となります。

3つ目は売りたい価格で、マンション査定の金額を参考にしたり、自分なりの知識も踏まえたうえで、売主として希望する価格を設定します。
この3つのマンション売却額が出揃ったらスケジュールをたてていきます。
仮に1つ目1600万円、2つ目1800万円、3つ目が2000万円だったとします。
例えば早急に売却を行いたいというのであれば、極端な話、1600万円で売却、逆に、それなりに待っても好条件で売りたいということであれば、2000万から2100万円あたりからはじめて、1ヶ月経過するごとに様子を見ながら、徐々に値段を下げていくこともできます。
このように金額設定を行えば、不動産会社に言われるがままに値段を下げ後悔することはありません。
納得のいく明確な設定をし、いい業者を選ぶことが成功のカギです。